どろあわわは洗顔方法間違えると危険?意外と知らない間違った使い方

どろあわわに含まれる泥には、強い洗浄効果が期待されています。

その泥がお肌の

  • 皮脂
  • 角栓
  • 脂分
  • 脂肪分

といった汚れに吸着。

どろあわわの「肌トラブル解消・予防効果」に注目が集まっています!

そんなどろあわわで洗顔したら「肌トラブル発生・・・」なんて口コミが?

肌トラブル解消のために使用しているのに、これはいったいどういう事なんでしょうか・・・。

 

どろあわわの洗顔方法を間違えると・・・?

実はどろあわわに限らず、洗顔石鹸で間違った使い方をすると

  1. 乾燥
  2. かゆみ
  3. 赤み
  4. 痛み
  5. 腫れ

等の肌トラブルの原因になる可能性があるんですね^^;

でも「何がどう間違っているのか分からない・・・」なんて方もいらっしゃるでしょう。

そこでどろあわわを「どういう風に使うと間違いなのか」一緒に見ていきませんか?

 

どろあわわの間違った使い方

どろあわわの間違った使い方は

  1. 水(ぬるま湯を)足す
  2. お肌を強くこする
  3. 長時間洗顔する
  4. すすぎが雑

等が考えられます。

 

水(ぬるま湯を)足す

これは特にお肌に害がある訳ではありません

ですがどろあわわに水を足すと、泥成分の効果が薄まり洗浄効果が落ちてしまいます。

その結果、お肌の汚れを落とし切れず「ニキビ・シミ・黒ずみ」が残ってしまう場合も・・・。

なのでどろあわわを泡立てる際は水分を足したりしないようにしましょう!

 

お肌を強くこする

洗顔石鹸を使用する際には、顔全体を「優しく包み込むように」ゆっくりと洗顔するのがコツです。

ですがお肌を強くこすってしまうと「肌荒れの原因」になる場合が考えられるんですね^^;

これはどろあわわだけでなく、全ての洗顔石鹸に言える事です!

お肌は「傷つきやすい」という事を覚えておきましょう^^

 

長時間洗顔する

どろあわわだけに限らず、その他の

  • 石鹸
  • シャンプー
  • ボディーソープ

全てに言える事ですが、長時間使用しているとお肌が荒れます!

それぞれの商品には適切な使用時間があったりもします。

ちなみにどろあわわはだいたい30秒から1分程度

それ以上はお肌が荒れる原因になるかもしれないので、すぐに洗い流いしましょう。

とは言え、特にお肌が弱い

  1. 敏感肌
  2. 乾燥肌

の方でもない限りは、ビックリするほどの影響は出ないでしょう。

なので神経質に使用秒数を計る必要は無いと思います。

 

すすぎが雑

どろあわわで洗顔後、しっかりとすすぎをしないと泡が残ってしまいます

特に

  • 生え際
  • フェイスライン

残りやすいので注意が必要なんですね。

どろあわわに限らず、洗顔石鹸などには脂分を分解する力があります。

その泡を長時間(数時間)お肌に付けていたら、何かしらの影響は受けかねないでしょう^^;

なので洗顔時には、すすぎ残しが無いよう鏡を見て洗顔しましょう!

関連記事

どろあわわはシミやニキビに効果無し?使用前に覚えておきたい事とは